about

ご挨拶

ご挨拶image1

ご挨拶image2

この度は「家族の椅子」ホームページにお越しいただきありがとうございます。「家族の椅子」とは椅子工房 株式会社オオタの代表 太田一彦が、これまでの様々な経験から「作り手」の目線で家族の豊かさを願い、2004年から展開を開始したオリジナルデザインの家具シリーズです。それは1996年、とある椅子の展覧会に初めて出品した作品に「家族の椅子」と名付けたのが事の始まりでした。1961年に父親が椅子屋の仕事を創業して以来、注文生産の椅子を作り続けてきましたが、以来初めて自分の作品を制作、展覧会に出品する機会に恵まれたのです。主催者からは作品に名前が必要と言われ、躊躇することなくこの名前を付け制作に取り掛かりました。その実その名前しか思い浮かぶものがありませんでした。それは「作り手」として潜在意識の中に家族を結びつける大きな形を表現したかったのだと思います。私の考えていた形はアートでもオブジェでもなく日常のリアリティーでした。椅子は生活道具の中でもとりわけ大きなサイズを持つもので、しかもそうめったに買い換えるものでもありません。作品とはいえ理想と現実を語るのはナンセンスだとも思っていました。重要なことは理想を語るよりも、身の丈の日常をより豊かで快適にする方法を提案することだと思いました。
その考えは今も変わらず、これから「家族の椅子」で発表していく私の製品群は、全てが「家族の椅子」という名前で展開したいと考えています。刻々と変化していく現代社会、まさにデジタルなほどのめまぐるしさの中、家族の豊かさとは人間本来の五感や感情、経験値を互いに尊重し合い、明日の日常生活に豊かな潤いを創造することでしょう。私たち作り手は、真剣に豊かに日常生活を愉しむ方々とその続きを一緒になって考えたいと思っております。どうぞ愉しむためのお声を「家族の椅子」に頂戴出来れば幸いです。

家族の椅子 代表 太田一彦

コンテンツ